エンターテインメントというのは難しいの話 1

人というのは、人生の中で楽しみがなければ生きてはいけない。怒ったり、泣いたりするばかりの人生では、とてもではないが生きて居たいとは思わない。人によって様々だが、何がしかの楽しいことが必要になってくる。それが、エンターテインメントである。人によって趣味趣向は様々だから、エンターテインメントも人それぞれである。人と話すのが楽しいと感じる人、趣味に没頭するのが楽しいと思う人、と様々である。世の中には、他人に楽しませてもらおうと考えるのではなく、自分が人を楽しませてあげたいと考える人が居る。それがエンターテイナーである。そうは言っても、人を楽しませるというのはそう簡単なものではない。人というのは、皆同じ感性を持っているわけではない。だから、同じことをしたとしても、10人が10人、楽しんでくれるわけではない。

シマックス リフォーム

軟水機を持っている友達

シマックス